栽培する場所は

家庭菜園でブルーベリーを育てるのであれば、まずは日当たりが良い場所を選ぶことが重要です。また、鉢植えの場合は鉢が風で飛ばされないように配慮する必要もあります。バルコニーでも栽培ができますが、落下しないように注意していきましょう。

何が必要になるのか

ブルーベリー

肥料を準備する

植物の健やかな生長を促すためには、適切な肥料を与える育て方がよいでしょう。肥料は大きく分けて、化成肥料と有機肥料の二種類があります。それぞれの特徴を知って、使用することが大切です。

化成肥料

化成肥料は、化学的に合成された肥料で、窒素、リン酸、カリの中から2種類以上が含まれています。安全性は高いですが、使用方法など取り扱いに気をつけていきたいところです。

有機肥料

有機肥料は、ケミカル的な要素がない有機的な肥料です。鶏糞や堆肥、骨粉などが原料になっていることが多いです。近年ではエコロジーの観点から有機肥料を用いた育て方が注目されています。

水やりの目安

十分な日光と、肥料、そして水が生長には欠かせない要素です。土の表面が乾燥しないように、1日1、2回水をあげるようにしていきます。ただし、水のあげすぎは禁物です。根腐れの原因になります。